取得していても決して損はしない!保育士免許!!

保育士免許は国家資格です。

保育士になるためには、保育士免許が必須です。保育士免許は国家資格なので、一度免許を取得すると全国で保育士ができ、更新などの必要が一切いりません。保育士免許を取得するには大学や短大を卒業する必要がありますが、卒業するだけではなくて試験にも合格することが必須です。保育士免許を取得後に保育園で勤務しますが、保育士免許を取得していても新人保育士なので、勉強することは沢山あります。子供達の面倒を見ることが仕事なので、保育士免許を取得する人は女性が大半を埋めています。

保育士免許の試験は難関です。

保育士免許を取得するための試験は非常に合格率が低くなっています。この合格率が下がるには、ちゃんとした理由があります。保育士免許の試験は全科目で6科目ですが、合格ラインは6割以上の点数になっています。しかし、6割と言っても全科目のトータルで6割以上の点数ではなくて、1科目の点数が6割以上にならなければいけません。この理由から一発で合格する人は極めて少なく、通常は2年から3年で合格する人がほとんどです。

保育士登録のみをしている人がいます。

保育士免許を取得後に保育士として働く場合には保育士として登録をする必要があります。しかし、保育士の登録料はそれほど高額ではないために、保育士になるつもりはなくても一応、保育士登録をしている人も沢山います。就職活動をしていても中々就職先が見つからない場合に、直ぐに保育園に就職できるように保育士登録のみをしておきます。そのために、保育士の免許のみを取得している人は沢山おり、全然関係ない仕事に就いている人も沢山いるのが現状です。

保育園の求人を探すなら保育士さん専門の求職サイトを利用することをおすすめします。地域、フルタイム、パートなどの検索条件を入れて仕事を探すことができます。